当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

セキュリティソフトを2つ入れてもいいのか?複数入れる必要性はない

[PR]

【カスペルスキー】総合的に守るセキュリティソフト

ロゴ

カスペルスキーは、パソコン・スマホ・タブレット対応セキュリティソフトです。

ランサムウエアやフィッシング詐欺の次世代の脅威に対応。

さらに、子供のためセーフキッズやWi-Fiの個人情報漏洩を防ぐVPN保護まで総合的に守る。

>>[PR]「カスペルスキープレミアム」はこちら。

ランサムウエアやフィッシング詐欺が猛威を振るう現代、セキュリティソフトの重要性がますます増えています。

心配性の人の中には複数台のセキュリティソフトをインストールすればより安心になると信じている人もいます。

果たして、それが本当に正しい選択なのでしょうか

今回は、セキュリティソフトを複数台入れるべきなのかについて考えていきます。

スポンサーリンク
キングソフト オンラインショップ

セキュリティソフトを2つ入れることは出来るのか?

複数のセキュリティソフトを無理やりインストールすることは可能です。

しかし、セキュリティソフトの中には別のセキュリティソフトのアンインストールが必須されている場合があります。

これは、セキュリティソフトが使うシステムが競合することがあり、動作が不安定になったり、お互いをウイルスと勘違いして検索し合ったりすることが原因です。

何よりも常時ソフトが複数台インストールされていると、PCやスマホの動作がかなり重たくなるのは避けられないでしょう。

また、最新のWindows10以降では1つのセキュリティソフトしかインストールが推奨されていません。

一つのセキュリティソフトの限界

例えば、次のような場合に一つのセキュリティソフトでは限界になる場合があります。

  • ウイルス対策機能しかない
  • 検出エンジンの性能が低い
  • 更新頻度が少ない

これらは無料版のセキュリティソフトで多く見られる特徴です。

このような場合に一つのセキュリティソフトに依存することにはリスクが伴います。

たとえば、あるセキュリティソフトが特定の新型ウイルスの検出に弱い場合、そのウイルスはシステムを侵害する可能性があります。異なるセキュリティソフトは異なる検出エンジンを使用しており、ある製品が見逃すかもしれない脅威を別の製品が検出する可能性があります。

現代ではウイルス対策よりもクレジットカード番号や個人情報の漏洩の方がリスクが高いです。

また、ファイアーウォールやフィッシング対策などの機能を持つソフトを別にインストールするとなると容量を圧迫するだけでなく、PCやスマホの動作に支障をきたすことに繋がります。

セキュリティソフトに最低限必要な機能は?

セキュリティソフトを選ぶ際に必要な機能は以下を推奨します。

  • ウイルス、スパイウエア対策・・・ウイルスファイルの駆除。
  • ランサムウエア対策・・・身代金ウイルスからファイルを保護。
  • フィッシング対策・・・偽サイトから個人情報を保護。
  • 迷惑メール対策・・・偽メールの除外。
  • ファイアーウォール保護・・・不正アクセスを遮断。
  • ブラウザ保護・・・有害サイトをブロック。
  • 検出力の高いエンジン・・・新種のウイルスの発見と駆除。

このような総合的なセキュリティ機能を有しているソフトをインストールすることをお勧めします。

また、現在無料のセキュリティソフトを使っている人は有料版にアップグレードすることも検討してみてください。

有料版の多くは、複数台のライセンスが発行されることが多いのでご家族のセキュリティ対策にも繋がります。


[PR] おすすめなセキュリティソフト

おすすめなセキュリティソフトを2選ご紹介します。

ノートン

オールインワンな機能が詰まったPC・スマホのセキュリティ対策ソフト『ノートン』です。

一度は名前を聞いたことがある老舗のソフトウエアで、軽量な設計になっています。

妥協できない人、ビジネスや個人のデータをしっかり守ります

ノートンストア

アバスト

世界で4億人が利用したことがある無料・有料のセキュリティソフトの『アバスト』です。

著名な評価テストにおいても何度も受賞したことがある本格派の総合セキュリティソフトです。

コストパフォーマンスを重視している人や複数台のPCやスマホを保護したい人に最適です。

AVAST

コメント

タイトルとURLをコピーしました