当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

セキュリティソフトをOFFにした危険なのか?

[PR]

【カスペルスキー】総合的に守るセキュリティソフト

ロゴ

カスペルスキーは、パソコン・スマホ・タブレット対応セキュリティソフトです。

ランサムウエアやフィッシング詐欺の次世代の脅威に対応。

さらに、子供のためセーフキッズやWi-Fiの個人情報漏洩を防ぐVPN保護まで総合的に守る。

>>[PR]「カスペルスキープレミアム」はこちら。

サイバー攻撃や不正アクセスで何かとニュースになる現代。

企業だけでなく、個人のセキュリティー対策も注目されるようになってきました。

しかし、セキュリティソフトをインストールするのは手間だし、そもそも必要なのか分からない人も多いと思います。

そこで今回、セキュリティソフトをOFFにした状態でも安全なのか?どうかを考えていきたいと思います。

スポンサーリンク
キングソフト オンラインショップ

セキュリティソフトはいらない?OFFにしてもいいのか?

PCやスマホにセキュリティソフトが必要なのかどうか悩む人も多いかと思います。

結論から言うと、ネットに繋げなければOFFにしても構いません。

ウイルスやスパイウエアはインターネットまたは外部のUSBメモリなどが侵入するため、外部と接続していなければセキュリティソフトは不要です。

しかし、中にはネットはほとんど使わないけど、メールはよく見ることがあるという方もいるかと思います。例えば、迷惑メールなどを誤って開いてしまい、フィッシング詐欺サイトなどに誘導されて個人情報を抜き取られるリスクが存在します。

このような場合、人間では判断しずらい偽のURLの判別や不正アクセスの遮断はセキュリティソフトに頼らざるを得ません。

何かしら、インターネットや外部装置にアクセスする可能性がある人はセキュリティソフトをインストールするようにしましょう。

なぜセキュリティソフトは必要?

セキュリティソフトを入れる意味とはなんでしょうか。

例えば以下のような場合にインストールした方がいいと言えます。

  • ウイルスに感染している
  • パソコンの動作が重くなった
  • インターネットに頻繁にアクセスする
  • 公共Wi-Fiに繋げることがある
  • メールをよく受信する
  • 仕事用または会社のデータを保存している

このような場合はセキュリティソフトをインストールしておくことをお勧めします。

というのは、ウイルスやスパイウエアに感染してしまうと、個人だけの問題ではなく同じネットワークにアクセスしている全員が感染してしまうリスクがあるからです。

また、最近では迷惑メールが巧妙になって来ており、本物と区別が難しいため誤ってURLにアクセスしてしまったり、個人情報を送信してしまうという被害が発生しています。

セキュリティソフトは信頼の証

セキュリティソフトを入れることは、相手に対して信頼の得ることと同じ意味になります。

例えば、ネットショップなどで個人情報を登録する時にセキュリティ対策が出来ていない会社なら会員登録はしないと思います。

セキュリティ対策がしっかり施されているなら安心して個人情報を登録できると思います。

これは個人間のやり取りでも同じことで、友人のPCやスマホにセキュリティソフトが入っていると安心すると思います。

このようにセキュリティソフトは相手に対して安心感と信頼を与えてくれます。


PCやスマホ向けのセキュリティソフトなら『カスペルスキー』がお勧め!

kaspersky

コメント

タイトルとURLをコピーしました